PLUS ULTRA

79年生まれ:男:翻訳業(英語/TOEIC 965、西語/習得中):個人事業主:サッカーオタク(Westham Utd):元IT業:フィリピン・イギリス滞在などの海外生活を経て、日本で翻訳を中心に色々やってます。ご連絡はこちらまで。an.office■plus-ultra-plus.com(■を@に変えてください)

*

【連載】2001年イギリス留学記・その4

      2015/09/21

 
学校にも慣れてきて友達といろいろなところに行き始めると、
イギリス文化の良いところにだんだんハマってきた。
 
3月に渡英した時の気温は信じられないほど寒く、
自転車に乗ると凍えて手先の感覚がなくなるほどだったが、
そんなときオアシスになってくれたのがイギリスのパブだ。
 

パブで学んだこと

リーガル↑(お気に入りだったパブは二階席があった)
 
ぼくがイギリスに行ったときは
ちょうど20、21歳の頃で、
酒を飲み始めたところだった。
 
イギリスに行く前は酒の飲み方もしらなくて、
大学の飲み会なんかでワケもわからずビールをすするくらいのものだった。
当時、酒を美味しく飲んだ記憶はあまりない。
 
しかし、イギリスのパブはいろんな種類の美味しい生ビールの樽が
これでもかと並ぶ、ビール好きにとって天国のようなところ。
 
そして友達とおしゃべりするには最高のロケーションだった。
 
日本の居酒屋だと大体一気飲みで
つぶれたり、吐いたり、むちゃくちゃに騒いで迷惑をかけたり。
そういう酒の飲み方をよく見るが、パブでそういう人はまず見かけなかった。
(店出たとこでケンカしてる、みたいなのは何回か見たかな)
 
語学学校の先生に頼んで
1時間いくらの個人授業もしばらくやってもらっていたが、
そのときも放課後にパブで一杯飲みながら授業をすることが多かった。
 
最初に個人授業してもらったイギリス人のR先生はギネス、
その次にお願いしたイランからの移民F先生はFOSTERSをよく飲んでいた。
 
ぼくもそれにならって味を覚え、
いまではどちらも大好きなビールである。
 スヌーカーDSC00002
 ↑(文学好きなF先生とは話が合い、ビリヤードもたまに連れて行ってもらった。)

お酒でみんなフレンドに

とにかくパブの品揃えにはプライドが感じられる。
どれを試してもコダワリの味がする。
 
そして、ビールのサイズは「パイント」。
この1パイントグラスの量がホロ酔いには絶妙なのである。
語学学校のパーティーのチラシにはこう書いてあった。
 
1パイントでみんな英語が流暢になる。
2パイントでみんなフレンドリー。
3パイントでみんな文法を忘れる。
 
じっさい、3パイントも飲めば酔ってだいぶどうでもよくなる。
でも、とにかく失敗を恐れず流暢に話せたので、この標語は合っている。
 
4469936351_534cec00e7_z↑ちょうどいいこのサイズ! photo by Mark Higgins

 

ぼくがお気に入りだったパブは、「リーガル」という
「イギリス最大」をうたうパブだ。
(とはいえそんなに巨大でもない。イギリスのパブって全部小さいので「これが最大?」ってかんじだった)
 
リーガルはケンブリッジの街のど真ん中にある、
イギリスのメジャーなチェーン店が経営しているパブで、
とにかくメシが安くて貧乏学生にはありがたかった。
 
イギリスはたとえファーストフードといえども結構高かったので、
ビール+フィッシュ&チップスの値段がビッグマックセットと変わらない。
だから、この店は飽きるまでよく利用していた。
(飽きたら中華かケバブを食べて、またリーガルに戻ってくるのを繰り返していたなあ)
 
イギリスのメシはまずい、とよく言われるが
パブのフィッシュ&チップスやソーセージ、
チリコンカン(豆のチリソース)はかなりイケる。
 
ビールを飲みながら、新しい友達と打ち解けるにはここが最適だった。
 
さらにもう一つ好きだったパブは、
街の名前「ケンブリッジ(ケム川にかかる橋)」の由来となる
ケム川沿いにある古いパブ「アンカー」
 
ここはちょっとお高いのでそんなにしょっちゅうはいけないが、
ケンブリッジ内では一番クオリティの高いフィッシュ&チップスが食べられるところだった。
(普通は「cod」という鱈を使うが、ここでは別の白身魚も選べた)
 
リーガルに比べれば人も少なくて
ちょっと薄暗い雰囲気のある店なので、
友達とゆっくりと語り合いたいときには良かった。
 
全部のパブは法律で日が変わる前に閉まる。
こうしてぼくは酒の味をおぼえ、
友達と仲良くなりながらもわりと健康的な生活をしていたのである。
 
ただ一つの心配は、
世話になっているホストファミリーの周辺が徐々にうまくいかなくなってきていたことである。
 
 

 - イギリス, 海外生活

広告

広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【連載】2001年イギリス留学記・その6

前回の記事 ホストファミリーの家を出ることを決意したぼくは、 一人暮らし用の部屋 …

【スターバックスのメシ】フィリピンのスタバで昼ごはん買ってたべてみた

今私はフィリピンにいます。 今日はスタバでお昼を買ってきてたべました。 Saus …

【連載】2001年イギリス留学記・その2

前回の記事   さて、そんなこんなで英語嫌いがイギリスに行くことになった。   …

【フィリピン日常小ネタ】ある日のタクシー運転手との会話

ある日タクシーに乗ったときの、 ノリのいい運転手のフェルナンド(仮名)との会話。 …

フィリピンで「ざっくりと」「適当に」は魔の言葉

「内部向けの資料だから、適当でいいよ」 「ざっくりでいいよ」 日本的なこういうい …

【フィリピン日常小ネタ】ある日のタクシー運転手との会話 (2)

世界中のどこでも、タクシーの運転手は旅人にとって地元の人と触れ合う絶好の機会をく …

フィリピンで結婚式に参加してきた話③~式場編

前回からだいぶ間が空いてしまったが、結婚式当日の話をしよう。    前日の深夜に …

【連載】2001年イギリス留学記・その7

前回の記事 イギリスに滞在している間、 国内内外問わずできるだけ色々なところへ行 …

フィリピンで結婚式に参加してきた話②〜再会編

2016年がスタートして、日本中暖冬だったのがさすがにだんだんと寒くなり始めた1 …

海外からのブログスタート

輝ける未来のために まずはここからスタート!   海外で何度か生活しま …