PLUS ULTRA

79年生まれ:男:翻訳業(英語/TOEIC 965、西語/習得中):個人事業主:サッカーオタク(Westham Utd):元IT業:フィリピン・イギリス滞在などの海外生活を経て、日本で翻訳を中心に色々やってます。ご連絡はこちらまで。an.office■plus-ultra-plus.com(■を@に変えてください)

*

【実用英語】めったにしない、と言いたい時の「seldom」

      2015/09/05

フィリピンの有名な「ヤバイ」料理に「balut(バロット)」というのがある。
これは東南アジアでちらほら見られるもので、何かというと
「孵りかけのアヒル」である。
002

食べるハメになる

フィリピンに行ってからしばらく、存在は知っていたが食べる機会がなく時間がたっていた。
ただ、ある日フィリピン人たちと囲んだ食卓で
「バロット食べたことありますか?」
と聞かれたので、「いやー、まだ機会がなくてね」と答えると、
「ちょっとまっててください」
とうれしそうにレストランの外へ出て行った。
もしや、、、と思ったがやはり。
ものの数分で袋に入ったバロットを持ってきた。
 
もちろん見た目はただのタマゴだが、割るとけっこう強烈な見た目。
周りのフィリピン人はうれしそうにこちらを見ているので、深く考えないようにしてパクリとたべた。
・・・鶏肉とゆで卵の中間の味・・・
 

「Seldom」の出番は最後だった

日本で外国人が納豆をたべているのを見ると、日本人がうれしくなるように、
フィリピンでバロットを食べると周りのテンションが上がるのだった。
「味はどうでした? 大丈夫?」
と目をキラキラさせて聞いてくる。
 
「まあまあ、食べられないほどではないけどさ、そんなにいつも食べたいものでもないなぁ。君はいつも食ってるの?」
と買ってきたやつに聞くと、
「No, I seldom eat…(いや、めったに食べません・・・)」
と。食わんのかい!
 
というワケで「Seldom」は「めったに何々しない」という意味。
 
ちなみにバロットは本当に納豆みたいに好きな人はほんとに好きな食べ物で、滋養強壮にいいのだとか。
フィリピンではコンビニでも屋台でも買えるので、訪れた際は一度試してみては。

 - フィリピン, 英語

広告

広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【DODA新CMに学ぶ説得力】聞き手が理解しやすい演説とは

今年8月はじめ私は日本をたったのですが、 渡航前にとても印象的だったTVCMがあ …

【実用英語】フィリピンで通じない英語の発音

日本人が英語を話すと始めはどうしてもカタカナ発音になって全然通じないことがよくあ …

フィリピン名物・シシグを日本で食べてみたけど・・・

フィリピンに行ったときに最初に食べた地元料理がシシグ(Sisig)でした。 Ph …

【フィリピン小ネタ】フィリピンで走る日本の中古車

日本の中古車といっても、トヨタとか日産とか言うことではなく。 (もちろんトヨタは …

イギリスで学び、フィリピンでウケた! 3つのお医者さんジョーク(英語)

フィリピンで就職した年のクリスマス、パーティで何か出し物をせよとお達しをもらいま …

【フィリピン小ネタ】それは本当に明日なのか

フィリピンで生活していて、「またか・・・」と思うフレーズに 「Bukas na …

フリーダムすぎるフィリピンの銀行員

フィリピンの口座を解約するために、取引支店があるRCBCプラザに行ってきました。 …

【実用英語】フィリピンの会社に入って覚えた単語「Reimbursement」の使い道

フィリピンの会社に勤めてしばらくは内勤ばかりだったが、ある日お客さんの問い合わせ …

フィリピンで結婚式に参加してきた話③~式場編

前回からだいぶ間が空いてしまったが、結婚式当日の話をしよう。    前日の深夜に …

【フィリピン日常小ネタ】ある日のタクシー運転手との会話 (2)

世界中のどこでも、タクシーの運転手は旅人にとって地元の人と触れ合う絶好の機会をく …