PLUS ULTRA

79年生まれ:男:翻訳業(英語/TOEIC 965、西語/習得中):個人事業主:サッカーオタク(Westham Utd):元IT業:フィリピン・イギリス滞在などの海外生活を経て、日本で翻訳を中心に色々やってます。ご連絡はこちらまで。an.office■plus-ultra-plus.com(■を@に変えてください)

*

【フィリピン日常小ネタ】ある日のタクシー運転手との会話 (2)

      2016/10/30

世界中のどこでも、タクシーの運転手は旅人にとって地元の人と触れ合う絶好の機会をくれる。
場合によってはボラれたり危険なこともあるのだが、僕の場合幸運にもあまりフィリピンでそう言った目にあうことはなかった。
(少しはトラブルもあったけど) hqdefault

ある日タクシーにのった

ある日タクシーに乗ると、ドライバーはまだ20台前半の感じの、人の良さそうなお兄ちゃんだった。
「Are you Japanese?」
と目をキラキラさせながら聞いてきて、お互いに身の上話などした。
 
彼はもともとセブ島の出身だがマニラに出稼ぎに来ていて、まだ数ヶ月だからマニラの都会さにびっくりしているのだと。
地元には彼女を残してきていて、悪い男が言い寄らないか心配だと、そういうようなことを話していた。
「俺の彼女はめちゃくちゃクレバーなんだ。日本語も勉強してるんだぜ! そうだ、あんた一回彼女と喋ってみてくれよ!」
 
いそいそと電話をかけるドライバー。
強引だなあ、と僕がびっくりしていると、どうやら彼女と繋がったらしく、二言三言交わした後に僕に電話をぐいっと突き出した。
 

何言ってるかわからん

ぼく「あー、、、もしもし?」
彼女「アー、、、モシモシー、@\&%#^*(日本語?)」
ぼく「え、なに?」
彼女「@\&%#^*(日本語??)」
ぼく「あー、、なるほど、、(適当)」
 
日本語風の発音ではあるものの、正直なにを言っているのかサッパリわからない。
少し会話風にお茶を濁した後、ドライバーに電話を返した。
 
ドライバーは電話を受け取るとちょっと嬉しそうに
「ハニー、どうだった? うまくしゃべれたかい? ははは、よくやった」
的なことを言っている。
 
若いカップルのダシに使われたような気もするが、まぁそれで彼らが円満に行くならいいか、とも思った。
 
なにより通じなくても話をしてみる勇気、というのが一番大事で、フィリピンの人はそういうところは長けているんだよなあ。

 - フィリピン, 海外生活

広告

広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【フィリピン小ネタ】なんのためにそれがあるの?

フィリピンの人たちは 「なぜそれが必要なのか」「なぜそこにそれがあるのか」 深く …

【フィリピン日常小ネタ】ある日のタクシー運転手との会話

ある日タクシーに乗ったときの、 ノリのいい運転手のフェルナンド(仮名)との会話。 …

【サッカー日本代表】ハリルホジッチに学ぶ「わかりやすいリーダー」

最近サッカー日本代表監督が交代し、あのオシムと同郷のヴァヒド・ハリルホジッチ監督 …

【連載】2001年イギリス留学記・その4

前回の記事   学校にも慣れてきて友達といろいろなところに行き始めると、 イギリ …

フィリピン名物・シシグを日本で食べてみたけど・・・

フィリピンに行ったときに最初に食べた地元料理がシシグ(Sisig)でした。 Ph …

【考察】マッサンをみて思う「カタコト萌え」の真実

NHK朝の連ドラ、マッサンが面白い。 主演女優のシャーロット・ケイト・フォックス …

フィリピンで結婚式に参加してきた話③~式場編

前回からだいぶ間が空いてしまったが、結婚式当日の話をしよう。    前日の深夜に …

【フィリピン小ネタ】フィリピンで走る日本の中古車

日本の中古車といっても、トヨタとか日産とか言うことではなく。 (もちろんトヨタは …

【連載】2001年イギリス留学記・その2

前回の記事   さて、そんなこんなで英語嫌いがイギリスに行くことになった。   …

アジアの国に行くとき、「日式緑茶」を覚えておこう!

ぼくは外出するとき、時々ペットボトルの緑茶を買う。 甘いジュースの気分でも、水の …