PLUS ULTRA

79年生まれ:男:翻訳業(英語/TOEIC 965、西語/習得中):個人事業主:サッカーオタク(Westham Utd):元IT業:フィリピン・イギリス滞在などの海外生活を経て、日本で翻訳を中心に色々やってます。ご連絡はこちらまで。an.office■plus-ultra-plus.com(■を@に変えてください)

*

【英語】ドラマ「マッサン」のエリーちゃんが使うスコットランド訛り

   

前回の記事で朝のドラマ「マッサン」のエリーが萌えるという話をした。

そのエリーちゃんはスコットランドでマッサンと結婚した女性ということは諸氏はもうご存知だろうが、

エリーを演じる女優さん、シャーロット・ケイト・フォックスはアメリカ人。

アメリカとスコットランドの英語はかなり違う。

はたしてエリーはどちらをしゃべるのか?

katefoxPhoto by Oricon

こたえは「両方」

たまに劇中で英語しゃべってるシーンがあるのだが、

スコットランド弁をマネするのを忘れたのか、思いっきりアメリカ言葉で全編通すときもある。

まだ大阪で鴨居さんがいたときに、海外のスコッチ商人(だったっけ)との通訳をしているときは素のアメリカ訛りだった。

 

しかしその他はほぼ全編「あ、スコットランド訛りをまねしてる」と思う。

「Today」を「トゥデイ」より「トゥデェ」とエ音が強調されたり。

 

スコットランド訛りってどんなの? と興味のある人は、こんなのを見てはいかがか。

英語字幕つきなので、彼が何をしゃべっているのかはわかるのだが、

「え、そんな発音なの!?」

とびっくりすること請け合い。英語に自信がある人ほどびっくりすると思うなぁ。

彼はサッカーファンなら絶対知っているだろう元・マンU監督のサー・アレックス・ファーガソン。

彼のスコットランド訛りは強烈で、英語ネイティブの所属選手ですら最初は何言っているか全然わからないという。

 

 - サッカー, 英語

広告

広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【連載】2001年イギリス留学記・その9

こちらもずいぶん間が開いてしまったが、イギリス留学でうまくいっていなかったときの …

【英語小ネタ】フィリピンで部下が言っていた「Low profile」とは

そんなに仕事が忙しくなかった日の話。早めに切り上げてスーパーに寄ろうとすると、う …

【連載】2001年イギリス留学記・その1

今となっては随分昔になってしまったが、 イギリスに留学したときの一年間は深く記憶 …

【実用英語】フィリピンの会社に入って覚えた単語「Reimbursement」の使い道

フィリピンの会社に勤めてしばらくは内勤ばかりだったが、ある日お客さんの問い合わせ …

ネガティブなにおいのする「DO YOUR BEST」

「DO YOUR BEST!」というと「ベストをつくせ!」という意味で、基本的に …

【DODA新CMに学ぶ説得力】聞き手が理解しやすい演説とは

今年8月はじめ私は日本をたったのですが、 渡航前にとても印象的だったTVCMがあ …

【実用英語】重箱のスミをつつくようだけど・・・という単語

仕事をしている人なら一度は悩んだことがあるだろう。 仕事仲間に注意するとき、アツ …

【連載】2001年イギリス留学記・その2

前回の記事   さて、そんなこんなで英語嫌いがイギリスに行くことになった。   …

【実用英語】めったにしない、と言いたい時の「seldom」

フィリピンの有名な「ヤバイ」料理に「balut(バロット)」というのがある。 こ …

【連載】2001年イギリス留学記・その3

ホストファミリーの家で一泊して、次の日の朝。 緊張からかめちゃくちゃ早く目が覚め …