PLUS ULTRA

79年生まれ:男:翻訳業(英語/TOEIC 965、西語/習得中):個人事業主:サッカーオタク(Westham Utd):元IT業:フィリピン・イギリス滞在などの海外生活を経て、日本で翻訳を中心に色々やってます。ご連絡はこちらまで。an.office■plus-ultra-plus.com(■を@に変えてください)

*

【フィリピン】フィリピンへの投資は単純に考えてアリ!な理由【投資】

   

フィリピンは近年地価や物価がゴリゴリ上がっている。

実際現地で働くとわかるが、あの国はチャンスの塊といっていい。

6774800874_cf4819930b_zPhoto by Ted Brown

日本とフィリピンの比較

日本は今アベノミクスで株価が上がっている。

しかし少子高齢化がこのまま続けば税金も消費も生産も、お金を生み出す元になる人数が圧倒的に減っていく。

さらに日本はサービス品質の高い国だが労働環境の苛酷さも世界一。

サービス残業・コストカットに圧迫された労働環境に頼りきって品質を高くしても、社会はどんどん歪み、どこかで無理が出る。若年層ではうつ病が死因トップになっている。

日本人としてこの環境を何とかしたく日々がんばっているが、今後もつらく苦しい道のりがつづくだろう。

 

はたしてフィリピンはどうか。

あの国は年齢層がきれいなピラミッド型で、街行く人たちがみんな若い。

税金もちゃんと払ってるのか疑わしい人たちがたくさんいる。

問題なのは教育の行き届かなさだが、逆に言えば未来があるといえる。

国民性としても、お金を使うのが好きでいろんなことに興味がある。

 

社会の状況はいろいろあるが、この人口の構図だけは鮮明な差だ。

 006この比較は、日本がぎゅうぎゅうに搾った試合前のボクサーのような体で、フィリピンはデブデブに太ってて搾る余地がたくさんある人、といえばわかりやすいだろうか。

さあ今から10kg落としましょう、となったときにボクサーは搾るのが大変だが、太った人はちょっとがんばれば余裕で10kg減らせるのだ。

同じ額のゲインを得るのに、日本がノーチャンスなわけではない。ただフィリピンのほうがずっと容易にできるだろう、という話だ。

直近は為替が円安なので、日本円しかもっていなければ今投資は止めたほうがいいだろう。

(2年前10万円は5万ペソだったが、今は4万ペソを切っている)

ただ今後10年、20年を考えたとき、投資価値が上がっている率が高いのはどちらか、といえばフィリピンだろうなと思う。

とはいえ投資先には注意

株や不動産など投資先には色々あるが、フィリピンは不安定な社会だからそこは注意すべき。

不動産はバブル的な地価上昇がみられ、全体的にあがっているとのことだが郊外に家を買っても数字だけ上がって売り手がいない、ということになりそうだ。

今マニラ近郊の交通渋滞はどんどんひどくなり、中心部にいれば問題ないが郊外から通勤は今相当厳しい。あくまで実需がある場所に投資するのが賢明だと思う。

 

 - フィリピン

広告

広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【衝撃】メッシが塗り替える前のバルセロナ歴代得点王はフィリピン人だった!

昨日の記事でフィリピンとサッカーの関係について調べているとき、ひっくり返りそうな …

【フィリピン小ネタ】なんのためにそれがあるの?(第2回)

以前当ブログで、フィリピンでは何のためにそれがあるのか理解せずに設置してしまうこ …

”奇跡の楽園”-フィリピンの離島リゾート、エルニド旅行記③

エルニド旅行記3回目、今回は食事と音楽について。 離島のお食事はどんなでしょうか …

【英語小ネタ】フィリピンで部下が言っていた「Low profile」とは

そんなに仕事が忙しくなかった日の話。早めに切り上げてスーパーに寄ろうとすると、う …

マニラ周辺の異常な交通事情

ちょっとエルニド旅行記はお休み。 今日はマニラ周辺の交通事情について。 今マニラ …

【海外旅行雑記】チップ文化の意義について

ぼくは産まれてこのかたずっと、日本以外でサービスに対して払う 「チップ」というも …

フィリピンのトイレ事情にとまどいを隠せなかった件

トイレの話をするので、食事中の方は読まないようにしてください。 食事中の方は読ま …

フィリピンでケーブルTVサギに遭いかけたはなし

フィリピンで思わぬ角度からサギに遭いかけたことがある。 ケーブルTVがほしかった …

【フィリピン小ネタ】なんのためにそれがあるの?

フィリピンの人たちは 「なぜそれが必要なのか」「なぜそこにそれがあるのか」 深く …

【フィリピン小ネタ】現地で聞いた超不謹慎ジョーク

フィリピン人は冗談が好きだがたまに我々日本人が理解できない緊張感のなさを発揮する …