PLUS ULTRA

79年生まれ:男:翻訳業(英語/TOEIC 965、西語/習得中):個人事業主:サッカーオタク(Westham Utd):元IT業:フィリピン・イギリス滞在などの海外生活を経て、日本で翻訳を中心に色々やってます。ご連絡はこちらまで。an.office■plus-ultra-plus.com(■を@に変えてください)

*

【サッカー日本代表】ハリルホジッチに学ぶ「わかりやすいリーダー」

      2015/04/15

最近サッカー日本代表監督が交代し、あのオシムと同郷のヴァヒド・ハリルホジッチ監督が指揮をとることになった。

滑り出しで2連勝し、なんかいい監督かも、という雰囲気ができつつある。

hariru

ハリルホジッチがいけそうだった理由

ぼくは就任前、ハリルホジッチがアルジェリア監督時代に行っていた記者会見の動画を見て、

「コレはいけそうだ」と感じていた。

 

監督は元々フランスでプレーしていたそうだが、赴任したアルジェリアは言葉は同じとはいえ完全な異国。

文化もサッカーに関する考え方も違うアルジェリアで、ハリルホジッチは実に効果的に記者に今の戦術を説明した。

 

プロジェクターを使って図をみんなに見せ、ジョークを交えて説明したのだ。

まるで企業が株主に対して商品をプレゼンするように。

 

↓これがその日本語字幕付き動画である(とてもうまく翻訳されている)

 

なぜこの手段がいいのだろうか。

考え方の違う外国で受け入れられるには、「わかりやすさ」がとても大事なのだ。

図を使って記者に説明する代表監督はなかなかいない。

 

情熱を示す

さらにハリルホジッチは、ハッキリものをいう情熱的なタイプに見える。

それも外国で選手をまとめるにはわかりやすくていいのではないかと思う。

 

ジャンルは違うが、イタリアの国立劇場でオーケストラの指揮者をする日本人のストーリーをTVで見たときも、

「ああ、このひとは情熱的でわかりやすいなぁ」

と感心した。

部下たちも、ボスが「何を怒り何をほめるのか」基準が明確であればやりやすいのだ。

情熱を外に出すことは、その人の評価基準を外に出すことでもある。

わが身を振り返ってみて・・・

004

一応、ぼくも海外でメンバーを統括する立場だった人間だ。

最初の「図をつかったわかりやすい説明」は心がけていたが、情熱はなかなか示せなかったと今になっておもう。

なかなかイイとも悪いとも判断しがたいことがあると、白黒つけるのも難しく「うーん」となることが多々あった。

もっとわかりやすい上司でいられたらよかったなぁと反省。

 

 もしこの記事を見ている人で、海外で代表監督をする人がいたら、そのへん気をつけてみてはいかがだろうか。

(んなやつぁいないよ)

 - サッカー, 仕事, 海外生活

広告

広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【連載】2001年イギリス留学記・その7

前回の記事 イギリスに滞在している間、 国内内外問わずできるだけ色々なところへ行 …

【予告】エルニド旅行記準備中・・・

エルニド旅行、すばらしかったです。 現在旅行記を準備中! 関連

海外からのブログスタート

輝ける未来のために まずはここからスタート!   海外で何度か生活しま …

no image
引っ越しの準備中…

引っ越しの準備に追われて気づけば深夜。 相当無茶なスケジュールになってきました。 …

【連載】2001年イギリス留学記・その6

前回の記事 ホストファミリーの家を出ることを決意したぼくは、 一人暮らし用の部屋 …

フィリピンにていい感じのホテルレストランでコーヒー飲んでだべる

昨日はフィリピンのマカティで、うちの社長とコーヒー飲みながら話をしていました。 …

フィリピンでゴルフしたら「みんゴル感」がすごかった

今日はフィリピンの都心近く、イントラムロスというところでゴルフをしました。 イン …

フィリピンでセレブ的スナック「パスタチップス」に挑戦した

フィリピンのスーパーに「パスタチップス」なるものが並んでいた。 「スパイシートマ …

【考察】マッサンをみて思う「カタコト萌え」の真実

NHK朝の連ドラ、マッサンが面白い。 主演女優のシャーロット・ケイト・フォックス …

【連載】2001年イギリス留学記・その9

こちらもずいぶん間が開いてしまったが、イギリス留学でうまくいっていなかったときの …