PLUS ULTRA

79年生まれ:男:翻訳業(英語/TOEIC 965、西語/習得中):個人事業主:サッカーオタク(Westham Utd):元IT業:フィリピン・イギリス滞在などの海外生活を経て、日本で翻訳を中心に色々やってます。ご連絡はこちらまで。an.office■plus-ultra-plus.com(■を@に変えてください)

*

【海外旅行雑記】チップ文化の意義について

      2014/09/22

ぼくは産まれてこのかたずっと、日本以外でサービスに対して払う
「チップ」というものについて意義や作法が理解できず、
ピンときていなかった。

IMG_0258

だが、池波正太郎の著書「男の作法」にあった言葉で胸のつかえがとれた。
池波正太郎は日本でもタクシーの運転手にチップをあげていたのだそうだ。
それをやることで彼らの仕事にハリが出て、
「今日も一日安全運転でがんばろう・・・」
と考えるのだ。
そうすると交通事故が減る。お互いに良いことなのだと。

すこしのチップを払うことで世の中がうまく回るようになるのだ。

フィリピンでそれを意識してチップを渡すとすごくよくわかる。

フィリピンの人たちはうまくチップを渡すと実にうれしそうにする。
「わたしのしたサービスは間違っていなかったんだ・・・」
と認められたという感じ。
とても反応がピュアで素直なのだ。

それを「お金にきたない」といってしまうこともできるが、
フィリピンの人たちは基本お金がなく貧乏している。
タクシーの運転手もそうだし、職業全般がそうだ。

大家族の中で自分一人が仕事にありつけるだけでもめっけもの。
家では家族がおなかをすかせて待っている。
明日のご飯があるのかもわからない。

そんなときに、自分の仕事がみとめられて臨時収入をもらえる。
こんなにうれしいことはないだろう。

それで「がんばろう」という気になってもらえれば、
こちらとしてもチップの払い甲斐があるというものである。

「多すぎず、少なすぎずチップを渡すのは面倒だ」
「いくらあげればいいのかわからない」

というのはよく耳にする旅行者のテーマだが、
その国の生活水準、貨幣価値を知ることは
その国の言葉で挨拶をするのと同じくらい大切なマナーかもしれない。

もちろん旅行した国のすべてを知ることはできないが、
知ろうとすることは大切だと思う。
(そのことに2年もかけてようやく気付いたわけだ)

もちろんサービスが悪いときは払う必要はない。
払ってしまうと悪いサービスでok、ということだから、
チップを減らす/あげないようにする。
次はちゃんとやってね! というアピールになるのだ。

そうやってチップを「お互いにとって良い」効果につかえれば
次の旅行者にサービスするのにもハリがでるだろう。
エルニドで、そんなことを考えながらすこしのチップを渡してきた。

 

—-

 

エルニド旅行記は今編集中です。

素晴らしい写真がいっぱいあります!

 - フィリピン, 海外生活

広告

広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【フィリピン日常小ネタ】ある日のタクシー運転手との会話 (2)

世界中のどこでも、タクシーの運転手は旅人にとって地元の人と触れ合う絶好の機会をく …

【フィリピン小ネタ】なんのためにそれがあるの?

フィリピンの人たちは 「なぜそれが必要なのか」「なぜそこにそれがあるのか」 深く …

【予告】エルニド旅行記準備中・・・

エルニド旅行、すばらしかったです。 現在旅行記を準備中! 関連

「旅サポ」さんにゲストライターとして記事を書きましたー

ゲストライター募集してたので、5記事ほど旅行サイト「旅サポ」さんに投稿しました。 …

ちょっと感動した、フィリピンの若者の前向きな言葉

ぼくの務めていた会社には21~25歳くらいの大学卒業したての若者が多く在籍してい …

【連載】2001年イギリス留学記・その2

前回の記事   さて、そんなこんなで英語嫌いがイギリスに行くことになった。   …

【サッカー日本代表】ハリルホジッチに学ぶ「わかりやすいリーダー」

最近サッカー日本代表監督が交代し、あのオシムと同郷のヴァヒド・ハリルホジッチ監督 …

フィリピン・ボラカイ島旅行記

日本はすっかり秋が深くなり、紅葉の色も濃くなりました。 久しぶりに日本で過ごす秋 …

【連載】2001年イギリス留学記・その7

前回の記事 イギリスに滞在している間、 国内内外問わずできるだけ色々なところへ行 …

【フィリピン】フィリピンへの投資は単純に考えてアリ!な理由【投資】

フィリピンは近年地価や物価がゴリゴリ上がっている。 実際現地で働くとわかるが、あ …