PLUS ULTRA

79年生まれ:男:翻訳業(英語/TOEIC 965、西語/習得中):個人事業主:サッカーオタク(Westham Utd):元IT業:フィリピン・イギリス滞在などの海外生活を経て、日本で翻訳を中心に色々やってます。ご連絡はこちらまで。an.office■plus-ultra-plus.com(■を@に変えてください)

*

フィリピンで結婚式に参加してきた話①~出発編

      2016/02/03

028
(会場のようす。着いたときはまだ前の組の結婚式をやっていた)

ことのはじまり

ぼくの前の職場はフィリピンの会社だった。
 
そのとき同僚だったフィリピン人の女性が、結婚式を挙げると言っていたのが1年前。その時はすでに日本に戻っていたぼくにも、式に来てほしいと誘ってくれたのだ。
 
彼女は以前ぼくのチームのメンバーで、まじめな子で見た目もよいのでもてていた。そして新郎もフィリピン人で別の会社のエンジニア。一度一緒にご飯にいったことがあった。
 

アントラージュになってほしい

ただ「式にきてください」と誘われただけでは断っていたかもしれない。
 
しかしその子は、ぼくにentourage(アントラージュ)として参加してほしいと言う。あんまりそのテのことをよく知らないので聞いてみた。
 
「ゴッドファーザーみたいなもの?」
「ちょっと違います。新郎新婦の取り巻きみたいなもので、ちょっと婚礼の儀式を手伝ってもらうものです。ゴッドファーザーをやってもらってもいいですけど、もっと歳いったひとがやるものなので、似合わないかも・・・」
「いややりたいとは言ってないんだ・・・」
「そうですね、アントラージュの方が似合ってると思います」
「そうなのか・・・」
 
結局よくわからない。
 
ネットを調べても、これと言った情報は見当たらなかったが、なんだか特別な役割であることはわかってきた。そんな信頼してもらったら期待を裏切りたくないし、自分にとっても貴重な経験になるかも、とフィリピンへ行くことにしたのだった。

チケットとホテルの準備を

そうと決まれば早速チケットを予約だ。
 
ぼくはフィリピンに行くときはフィリピン航空と決めている。(大抵の人はそうだろう。ANAやJALだと悪名高いマニラ空港ターミナル1になるし、セブパシフィックは遅れや離発着の荒さがひどいらしい)
 
円安の影響か、昔4万円台だったフィリピン航空が6万円になっているのは誤算だったが、とにかくチケットを押さえた。
 
その分ホテルは安く、メインの宿を一泊2,500円のビジネスホテル「クリークサイド アモルソロ ホテル」にした。結婚式の前日だけは、会場のケソン市が初めて行く場所なので安全重視の3ツ星ホテルにした。
 
これで準備は万端!
出発の日を迎えることとなる。
 
つづく。

 - フィリピン, 海外生活

広告

広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【連載】2001年イギリス留学記・その10

10回にわたって連載してきたイギリス留学記。 15年以上も昔のことながらけっこう …

マニラ周辺の異常な交通事情

ちょっとエルニド旅行記はお休み。 今日はマニラ周辺の交通事情について。 今マニラ …

日本人同士の疑いのまなざし

フィリピンから日本に出張したときの話 長期出張で東京にしばらくいたのだが滞在中超 …

フィリピン週末の必殺技「無限ビール」!

いつもひいきにしている日本食レストランは、 500ペソ(1200円)ごとに1枚ビ …

”奇跡の楽園”-フィリピンの離島リゾート、エルニド旅行記②

フィリピンの離島リゾート、エルニド旅行記の2回目です。 今回は島へのアクセスと現 …

【連載】2001年イギリス留学記・その4

前回の記事   学校にも慣れてきて友達といろいろなところに行き始めると、 イギリ …

イギリスで学び、フィリピンでウケた! 3つのお医者さんジョーク(英語)

フィリピンで就職した年のクリスマス、パーティで何か出し物をせよとお達しをもらいま …

【フィリピン小ネタ】なんのためにそれがあるの?(第2回)

以前当ブログで、フィリピンでは何のためにそれがあるのか理解せずに設置してしまうこ …

エルニド旅行記-おまけ

エルニドでたくさんムービーをとったのでiPadをつかってあそんでみました。   …

【連載】2001年イギリス留学記・その3

ホストファミリーの家で一泊して、次の日の朝。 緊張からかめちゃくちゃ早く目が覚め …